札幌・狸小路に「カレーパンだ。」オープン!コンサドーレにちなみ黒赤2食のカレーパン販売

2013(平成25)年に創業し、日本全国・海外で197件(2020年8月末現在)のベーカリーをプロデュースしてきたジャパンベーカリーマーケティング株式会社(神奈川県横浜市)は、自社直営で初のカレーパン専門店「カレーパンだ。」(札幌市中央区南3条西4丁目16番地2 3・4 キノシタビル 1F)を8月29日(土)にオープンした。

同社が公式スポンサーとして応援する「北海道コンサドーレ札幌」のカラーにちなみ、黒赤2種のカレーパンは、8時間で5,947個を販売したギネス記録をもつ「パンパティ」(東京都町田市)の大泉裕一氏と共同開発を行った。

「カレーパンだ。」のコンセプト

コンセプトは「もっとカレーパンに大衆性を持たせたい(カレーパン大衆化計画)」。
クリームパン、メロンパンなどは一定の地位を確立しているなか、社会的認知がまだ少ないカレーパンの認知度を高めるべくブランド化を目指す。

店舗名は、老若男女誰もがわかることを突き詰め「カレーパンだ。」に決定。今後、自社とフランチャイズを含め、道内を中心に全国で3年間で50店舗の出店を視野に入れ、1号店はスープカレーなどカレーの激戦区である札幌で勝負することにしたという。

商品は、いずれもステーキ肉入りの2種。
メイン商品の「Sexyカレーパン(通称 黒カレー)」(367円)は、従来にないスパイス使いとステーキの食感(肉感)、あとからくる甘辛さの刺激がポイントで、オーダー後に揚げたてを提供。また、「めんこいカレーパン(通称 赤カレー)」(367円)は、子どもから年配まで好まれる、コクがありフルーティさもあるまろやかなカレールウを牛肉ステーキとともに包んでいる。

田中知之氏

店舗は、同社が大切にしている「音・旅・服・食」を肌で感じられる唯一無二の場所として、FPMのDJ田中知之氏にデザイン・音楽の監修を依頼した。店内には同氏による作詞・作曲のオリジナルテーマ曲がBGMとして流れる。今後の店舗展開時には、様々なアーティストとのコラボレーションや、オリジナルのTシャツ、福神漬けなども発売予定だという。

「カレーパンだ。」のこだわり

いずれも揚げたててで提供する同店。

ステーキ肉はルウとも馴染みやわらかく、かつ適度な歯ごたえを残した部位のステーキ肉をオリジナル開発した。
パン生地は、表面はサクサク、中はもっちりの食感をあわせもつよう、フランスパン専用粉を使用して独自開発。
ルウの決め手はコクと香り。スパイスの選定から配合、投入タイミングまでこだわり、食べた後もスパイスの華やかな余韻が口の中に残るように開発したという。

店舗データ

住所:札幌市中央区南3条西4丁目16番地2 3・4 キノシタビル 1F
定休日:なし
営業時間:11:00-20:00