10月1日、「発酵ヤード」オープン 「発酵」テーマにオリジナルメニューを提供

「発酵ヤード」が10月1日(木)、札幌市中央区南2条西6丁目 土肥ビル1Fにオープンする。運営は株式会社ノースグラフィック(札幌市中央区、代表取締役:山本壮一氏)。

「発酵」がテーマ

過去よりアジア人になじみ深い発酵とスパイス。これらを融合した料理は知らない若者には新しく、舌の肥えた大人にはなじみ深い。

ボヤッと発酵する「発酵ヤード」のネオンは見る人を惹きつける気の抜けたサイン。全開口するエントランスはシームレスで、ノープランで気軽に訪れられる。

同店は発酵をテーマにしており、いちからオリジナルメニューを開発。店内には発酵をイメージした象徴的なカウンターを設置し、食器などは料理に合わせ、作家に直接制作を依頼した。

自宅では体験できない発酵の世界が魅力だ。

発酵ヤードの提供メニュー

  • 発酵ジンジャービア(ノンアルコール) 600円
  • 発酵ジンジャービアのハイボール 650円
  • 本マグロの出汁醤油ユッケ 650円
  • 香味野菜サラダ 自家製ドレッシング 580円
  • やわらか卵のトマト麹炒め 600円
  • 醤油麹ザンギ 500円
  • 果実と生ハム もろみ味噌 1個250円
  • ゴルゴンゾーラとみたらしの最中 1個250円
  • 穴子の蒸籠ごはん 900円
  • 発酵オイルそば 500円
  • ヨーグルトアイス 300円

店長からのメッセージ

発酵ヤード店長の鈴木道生さんは「発酵料理がテーマなので、食べて元気になってもらいたいですね。また、『発光』という意味も込めています。光を放っていけるような、この街にとって有益な存在になれるよう頑張っていきたいです」と話す。