65歳が一念発起 高タンパク・低脂質メニューを揃える「Beef&Banana Cafe」オープン

札幌・麻生エリアに8月10日、「Beef & Banana Cafe」(札幌市北区北39条西5丁目1-8)がオープンした。
同店は「炭火焼肉 ホルモン にく式」の店舗を間借りしたもの。朝6時30分~9時までは蕎麦を提供し、11時~16時まではカフェとして営業する。

開業のきっかけ

オープンのきっかけは店主の多田厚子さんが定年退職したことから。通っていたフィットネスクラブの社長に次に何をするのかを訪ねられ、「ここで一休み」と考えたが、セカンドキャリアとして知らないことにチャレンジしようと思ったそう。多田さんは「飲食業は未経験だが、料理を通して、会話を通して明るい笑顔を届けたい」と話す。

店名の由来は高タンパク・低脂質のローストビーフと砂糖を使用しない自然な甘みがあるバナナを使う商品を軸にしようと思ったことから。実際にローストビーフやバナナを使用したジュースなどが主力商品だ。

提供メニュー

ローストビーフ丼

カフェタイムに提供するメニューは「ローストビーフサンド」(800円)や「バナナジュース」(400円)、「ローストビーフサラダ」(800円)、「プロテイン」(300円)、「牛タン丼(5食限定)」(1,000円)、「手の平サイズのホットケーキ」(200円)など。

ピリ辛そば

朝の時間帯には「かけそば」(400円)、「月見そば」(500円)、「ピリ辛そば」(500円)などを提供委する。このほか、客からの要望で「肉屋のまかない丼」(300円)も誕生した。

多田さんは「元々化粧品メーカーに勤めていたため、全く異業種へのチャレンジ。日々おいしいメニューのことを考えており、完成形を求めている。コロナ禍でのオープンとなり、集客が大変だが、試行錯誤で毎日営んでいる。気軽に来店してほしい」と呼び掛ける。

営業情報

月曜~木曜=6時30分~9時(朝ごはんのみ提供)・11時~16時(Cafeタイム)、日曜=11時~14時(Cafeタイムのみ)。
定休日は金曜、土曜。